FC2ブログ

ハイブリッドSS速報 TOP  >  [二次創作 ア行]狼と香辛料 >  ホロ「わっちには夢がありんす」
スポンサードリンク

ホロ「わっちには夢がありんす」

1 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 03:02:04.13 ID:5Mb0D54DO


ロレンス「……」

危うく手にする器を湯に落としてしまうところだった。

ロレンス「それは……初耳だな」

飲んでいるのは決して安物ではないはちみつ酒。
とはいえ、たかが一杯の損を嘆くほど、今の彼の懐は寂しくない。

だからこそロレンスはちょっと驚いていた。

ロレンス「今の生活に何か不満でも?」

ホロ「おっとすまぬ。そう言うつもりではありんせん」




狼と香辛料、ホロ、ロレンス、背景白、手


2 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 03:10:47.46 ID:qWE2/ymlo


あえてそう口にしたがそうでないことは分かっている。
こうしてここで時間をともにしていることが、ホロが、なにか不満の種を抱えているわけではないことの何よりの証拠だ。

ロレンス「……」

聞くべきかどうか。

ホロの方から言葉をこぼしたならばとすんなり口が開いた。

ロレンス「客に魅力的な異国の料理でも教えてもらったか」

ホロ「む」

茶化すような言葉に賢狼はくっと鼻を上げ「失敬な」と言う。

そのすぐあとに浮んだ、不満げというよりさびしげな表情が少しだけ気になった。

かつてならそんな姿を見れば「なにかあるに違いない」と構えたことだろう。
そのころに比べて、ずいぶん素直に受け取ろうとする今の自分に苦笑する。





3 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 03:18:54.92 ID:5Mb0D54DO


ロレンス「冗談だよ」

雪のかかった亜麻色の髪と、そこに鎮座する威厳と愛しさを混濁とした獣の耳。
ぜんぶまとめて優しく撫でる。

ホロ「たわけ」

ホロ「じゃがたしかに食にもすっかり満足したわけではありんせん」

ロレンス「なにか食べたいものでもあるのか」

ホロ「くふ。とぼけるのかや?」

ロレンス「……とぼけているつもりはないんだが」

ぼけているのはどっちだろうなと言う台詞は飲み込んだ。
夢の話は初耳だが、こちらの話は耳にたこができるほど聞かされている。





4 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 03:27:00.73 ID:oduL4UX1o


ホロ「のうぬしよ」

首に手を回し顔を寄せるホロの口元が妖しく歪む。
いつになっても、裸で身を寄せ合うのには慣れることがない。

ホロ「わっちは楽しみにしておるからの」

と言ってホロは幼い少女のように笑う。

ロレンス「べつに金を惜しんでいるわけではないんだがな」

桃のはちみつ漬けを口にする機会がついぞなかったのは、そう言う巡り合わせだったのだとしか言いようがない。
ニョッヒラ一の湯屋にまでなった「狼と香辛料」の主は、今となっては金貨一枚を崇めることもない。

ホロの方こそもはやそれを求める台詞自体を口癖にしている節があるから、あまり本腰を入れていないというのが本音だった。





5 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 03:33:47.90 ID:5Mb0D54DO


ホロ「くふ?」

わざとらしく小首をかしげるのもお決まりだ。

ロレンス「……はは」

ロレンス「けほっ」

そんなホロにごまかすように笑いかけ、そのまま思わずむせ返る。

ホロ「だ、大丈夫かや?」

ロレンス「んん…けほ、わ、悪い」

ロレンス「今日はちょっと甘くしすぎたのかもな」

ホロ「なにを?」

嬉しそうにとぼけるホロの顔に、いっそうむせかえる。

ロレンス「……けほっ」

ホロ「くふふ」

ロレンス「……はあ、まったく」

ホロ「……」

ホロ「ぬしは優しい雄じゃな」

ロレンス「ん?」

ホロ「何でもありんせん」

ロレンス「……そうかい」

それは、いつも通りの幸せなやり取りだった。





6 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 03:42:11.85 ID:oduL4UX1o








居間に戻ると、ホロが暖炉の前で編み物をしていた。
手元に焼き栗が転がっている辺り相変わらずちゃっかりしている。

ロレンス「なにを編んでいるんだ?」

ホロ「できてからのお楽しみじゃ」

ロレンス「そうか」

剥いてある栗に手を伸ばしかけ、編み棒で鋭くたしなめられた。
大人しく自分で剥いて口に放り込む。

ホロ「……」

このところ、ホロは何の用かたびたびどこへともなく姿を消した。
だからこうしてのんびりと時間を過ごすホロを見るとついほっとしてしまう。





7 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 03:50:18.89 ID:5Mb0D54DO


ロレンス「けほっ」

ホロ「……風邪かや?」

ロレンス「ん……ああ。かもな」

ホロ「わっちの塩っ気がすぎたわけではなかったようじゃな?」

ロレンス「それもある、けほっ」

咳込んだおかげで物を投げられずに済んだ。

ホロ「……むぅ。のんびりしておる場合ではないの」

小さくつぶやきいそいそと指を動かす。
ホロのそんな様子で嬉しくなる。





8 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 03:59:36.05 ID:oduL4UX1o


冬を迎えるころに、一度体調を崩した。

書き入れ時にごまかしごまかしやっていたつけが回って来たらしい。
ああこんなに動転するホロは旅をしていたころでもあまりなかったなと、病床でぼんやりと思ったことを覚えている。

それ以来どこかひっかかるような調子を引き摺っている。

それこそすっかり元気だと胸を張って言える日を迎えた覚えがない。
そんなことをしようものなら、きっと「たわけ」とホロに頭を叩かれる。





9 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 04:07:49.16 ID:5Mb0D54DO


ホロ「早く治しんす」

手元に視線を落としたままホロが言う。

暖炉の火に亜麻色の髪がとろけるようにきらめいている。

ホロ「宿の主はどっしりと構えておらんとの」

ロレンス「……そうだな」

ホロ「まあ、腹回りの方は少し貫禄が出て来たようじゃが」

ロレンス「え」

ホロ「ぬしももう若いとは言えぬな?」

ロレンス「まじまじと見るんじゃない」

ホロ「くふふ」





10 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 04:14:38.69 ID:oduL4UX1o


ロレンス「うちには料理にうるさい賢狼がいるからな」

ロレンス「おかげでいつもつい食べ過ぎてしまう」

ホロ「ほう? わっちのせいにするとはいい度胸じゃ」

ロレンス「ハンナさんがいなければお互いもっとひどいことになっていただろうさ」

ホロ「くふ。それは確かに」

他愛のない会話とともに、静かに夜が更ける。





11 : ◆G/z45ot2Ws [sapa]:2013/03/22(金) 11:59:06.71 ID:5Mb0D54DO








翌日。
まず来客のないこの時期にそれがあったことを驚き、その正体を知ってなおさら驚愕した。

ロレンス「ディアナさん」

一面銀世界の中にいる黒髪黒装束の彼女は、まさに異彩を放っていた。

ディアナ「どうもこんにちは」

ロレンス「どうしてまた、こんなところへ」

ディアナ「ふふ。ちょっとした気まぐれかしら」

気まぐれでこんな果ての果てまでと思うが、彼女にはそんな疑問を「ああそうですか」と思わず飲み込ませてしまうような凄みがある。

ディアナ「……」

ロレンス「……な、なんですか?」





12 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 12:13:33.50 ID:1+LkbSUto


ディアナ「……」

彼女らしくもない泣き出しそうに歪んだ顔。
それはいつか、ホロが俺に見せた表情そのままだった。

しかしそれも一瞬のこと。
いつだったかを思い出す前に声で思考を遮られる。

ディアナ「ところで、ホロさんはどちらかしら?」

ロレンス「あ、えっと、奥の部屋にいると思いますが」

ロレンス「ホロに用が?」

ディアナ「……」

ディアナ「一人きりで温泉に浸かっても楽しくないでしょう?」

確かに。





13 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 12:20:09.21 ID:5Mb0D54DO








ロレンス「ふう」

用を済ませて宿に戻ると、背中から雪玉をぶつけられた。
そんなことをするのはまず一人しかいない。

ロレンス「…痛いじゃないか」

ホロ「くふ」

ロレンス「えっと、ディアナさんは?」

ホロ「もう帰ってしまいんす」

ロレンス「え?」

ホロ「ぬしよ」

近づいて来たホロがそっと服の袖をつまむ。
浮んだいろいろの疑問は、らしくない彼女のしおらしい行動への驚きにかき消えてしまった。

ロレンス「……うん」

ホロ「話がありんす」




14 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 12:22:56.09 ID:1+LkbSUto


ぬしは病にかかっておる。
もう、治らぬ病のようじゃ。




15 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 12:27:49.33 ID:5Mb0D54DO


わっちなりに手は尽くしんす。
いや、尽くしたつもり、じゃな。

方々巡って、駆け回って、何か手はないかと探した。

ディアナが来てくれたのもそのためじゃ。
手紙での返事でよいと言ったのじゃがわざわざ足を運んでくれた。
くふ。わっちらは、本当によい出会いに恵まれたの。





16 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 12:34:42.07 ID:1+LkbSUto


……すまぬ。ぬしよ。
わっちには、もう、どうしようもありんせん。





17 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 12:37:49.60 ID:5Mb0D54DO


ロレンス「そうか」

ロレンス「……今まで俺のために黙っていてくれたんだな。ありがとう」

ホロ「……ひっく」

泣き笑うホロの表情は普段よりいっそう幼げに見えた。

ホロ「くふ、本当にぬしは年をとったの。わっちが、こうして……泣いておるのに、落ち着きおって」

ロレンス「どんと構えていろと言ったのはホロだろ?」

ホロ「こんなときのことを言ったのではありんせんっ」

ロレンス「はは」





18 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 12:44:41.56 ID:1+LkbSUto


ロレンス「まあ、……何となくは、な」

それになによりホロのことだ、という確信があった。

ロレンス「今日明日で死ぬわけではないんだろう?」

ホロ「……むぅ」

いつだって悲しいほど冷静でこそ賢狼だ。

ホロ「まあの」





19 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 12:47:40.59 ID:5Mb0D54DO

目の前でむくれるホロはどう見ても幼い少女で。
俺が年をとり病に犯され、それでもいつまでも幼いままだ。





20 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 12:55:57.47 ID:1+LkbSUto


ロレンス「ホロが残してくれた時間を、大切に使わないとな」

ホロ「んむ」

ようやく少しだけらしさを取り戻し、ホロは元気よく頷いた。

ホロ「それについては、わっちから提案があるんじゃが」

ロレンス「そこまでもう考えてあるのか」

ホロ「まあの。のうぬしよ―――」






21 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 13:03:09.45 ID:5Mb0D54DO








ようやく雪山を過ぎのどかな街道に出る。
初めこそおっかなびっくり手綱を引いたが、さすがにそれは体が覚えていた。

ロレンス「……」

ホロ「……」

雪が姿を消し、それにつれて徐々に暖かくなって来た。
ホロは、寒くて御者台にはとてもおれぬと、荷台の方で毛布を被ってそのまま眠ったらしい。

ロレンス「……」

ホロ「くふ」

そろそろ手袋を外してもいいかと思ったが、思い直したところで聞き慣れた声が耳に届いた。

ホロ「ぬしは本当に、優しい雄でありんす」

ロレンス「起きていたのか」

ホロ「当然じゃ」

毛布を剥ぎ荷台で一つ伸びをして、それから軽快に御者台へとやって来る。





22 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 13:09:41.41 ID:1+LkbSUto


旅に出ようと言い出したのはホロである。
立派な聖職者になったというコルや、コルに限らず世話になったたくさんの人々に、最後に顔を合わせておくのはどうかと言うホロの提案だ。



もっともらしいがそれが建前であることは、賢狼の耳を持たない俺でも聞いていてよく分かった。





23 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 13:16:23.70 ID:5Mb0D54DO


ホロ「……」

ホロ「ぬしよ」

ロレンス「なんだい」

ホロ「わっちにはの、夢がありんす」

ロレンス「いつか言っていた話か」

ホロ「んむ」
24 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 13:21:59.42 ID:1+LkbSUto

ホロ「……」

隣に来たホロが、じっと見つめて来る。

そして、俺の頭の上に手を乗せ優しく動かした。

ロレンス「…恥ずかしいんだが」

ホロ「わっちはぬしに甘えるのが大好きじゃった」

ロレンス「……」

ホロ「ぬしにはたくさん助けてもらった」

ロレンス「俺も、ホロにはたくさん助けてもらった」

ホロ「んむ」

くすぐったそうにはにかむホロの顔には少しだけ影が射している。

きっと今、俺は、彼女と同じようには笑えていないのだろう。




25 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 13:27:45.88 ID:5Mb0D54DO


ホロ「もう、わっちは十分ぬしに甘えた」

ホロの方から俺を抱き締めて来ることはあまりない。

彼女に抱きつかれるのではなく、俺は抱き締められていた。

ロレンス「っ……」

ホロが力を込めるほどに、自分が、もう彼女を守ることはないのだと分かる。
こんなにも自分は年をとったのだと痛感する。

そしてホロはいつだってこちらを見透かすようなことを言う。

ホロ「もうぬしも若いとは言えぬ」

ホロ「今度はぬしが、わっちに甘える番でありんす」

ロレンス「……」

ロレンス「はは」





26 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 13:35:36.37 ID:1+LkbSUto


なぜホロが、旅に出ようと言い出したのか、分かった気がした。


ロレンス「ひどいやつだ。宿でのんびり甘えさせてくれてもよかったじゃないか」

ホロ「たわけ。それでは何も面白くありんせん」

ロレンス「ああそうだな」


予め練習したような会話。
最期の最期に、なんてわがままなことだと思う。

それと同時に――こんなときだって素直に賢狼が甘えて来たことを誇りに思う。


ホロ「一人旅では一人ですべてを為さねばならぬ。じゃがわっちらは番でありんす」

ロレンス「ああ。困ったら、連れを頼ればいい」

ホロ「んむ。その通りじゃ」

ロレンス「……まったく」





27 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 13:42:56.59 ID:5Mb0D54DO


二人の最期は騒々しく、困難に満ちた旅こそが相応しいのかもしれない。


ホロ「ではぬしよ。まだ少し時間はありんす」

ホロ「気負わず、の。のんびり行こう」

ホロ「あ、それからまずは桃のはちみつ漬けを探すからの!」

ホロの笑顔に曇りがないと言えば嘘になる。
返す俺の笑顔こそ痛々しいものかもしれない。

だが、これはそう言う旅なのだ。

ロレンス「……そうだな」

ロレンス「のんびり、な」


死ぬときにはどうホロにすがってやろうかと考えながら、俺は死に行く旅へと出発した。





28 : ◆G/z45ot2Ws [saga]:2013/03/22(金) 13:43:23.43 ID:1+LkbSUto


おしまい




29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/22(金) 13:46:51.16 ID:sjuGg4kDO




切なくてきゅんきゅんするな…





32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/03/22(金) 14:19:04.94 ID:EaME+Xcdo




こういうの好きよ






元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1363888924/
[ 2013年04月12日 18:54 ] [二次創作 ア行]狼と香辛料 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)