FC2ブログ

ハイブリッドSS速報 TOP  >  [二次創作 ハ行]這いよれ!ニャル子さん >  真尋「起きたら女になってた…」
スポンサードリンク

真尋「起きたら女になってた…」

※鬱注意

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/14 22:38:37 ID:7qpJj/NV0

ニャル子「まっひろさ~ん!朝でs…って誰ですかアンタ!」

ニャル子「…って、あれ~?どこかで見たようなって…真尋さん!?」

真尋「何言ってんだよお前は…とうとうおかしくなったのか?」

ニャル子「これは真尋さん今の事態に気づいてないようですね…」

真尋「…?」

ニャル子「つ鏡」

真尋「……!?」



ニャル子、笑顔、アップ、アニメ


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/14 22:52:32 ID:7qpJj/NV0

真尋「ななななんだよこれ!おいニャル子!またなにか」

ニャル子「滅相もありません!私は男の真尋さんを愛してるんです!」

真尋「……確かに…って何納得してるんだ僕は!?」

真尋「とりあえずなんかないのか?男に戻れるようなアイテム…」

ニャル子「あるっちゃあるんですが…y.comに性転換アイテムを注文したら今日中には届きますね」

真尋「それでもいいから注文しといてくれ!」

ニャル子「了解しましたー!女の真尋さんも惜しいですが…」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/14 22:57:20 ID:7qpJj/NV0

ニャル子「あれ?あれれー?」

真尋「どうした?」

ニャル子「ないんですよ性転換アイテムの在庫が…」

真尋「はぁ!?」

ニャル子「いつもならこんなことないんですが…これは真尋さんを女にした犯人の作戦では!」

真尋「そんなぁ…いつ戻るんだよ…」

ニャル子「次の入荷までどうしようもないですね!」ワクワク

真尋「なんでお前は嬉しそうなんだよ!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/14 23:09:15 ID:7qpJj/NV0

真尋「……まぁいいよ…ご飯作るから下で待ってろ」

ニャル子「あー!真尋さん真尋さん!下着はあるんですか?」

真尋「は?」

ニャル子「下着ですよ!女の子なら着けて当たり前ですよ?」

真尋「そんなの必要ない」

ニャル子「でも真尋さん女の子になって胸も出てますし!そんなんじゃあシャツから透けまくりですよ!」

真尋「……分かった。着ければいいんだろ?」

ニャル子「じゃあこれどうぞ!」

真尋「これは…誰のだ?」

ニャル子「そんなの決まってるじゃないですか」

真尋「新品持ってこい」

ニャル子「はぁい…」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/14 23:25:25 ID:7qpJj/NV0

真尋「……うぅ…なんか胸が締め付けられる上にニャル子に付けてもらうなんて…屈辱だ…」

ニャル子「綺麗でしたよ真尋さんのおっp」
真尋「ぶっ刺すぞ」

ニャル子「……ごめんなさい」

真尋「そろそろみんな起きただろ。ご飯食べよう」

ニャル子「はい!」

ーリビングー

ハス太「は、は、はわわわわわ!!」

ハス太「真尋くんだよね!?僕の真尋くんだよね!?」

真尋「……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:06:20 ID:t4eeDfua0

ハス太「これで僕も、真尋くんと合体できるね!」

真尋「体は女になっても、心は男のままだからな」

クー子「………。」

真尋「クー子?」

クー子「…少年が……少女に……」ダラダラダラ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:13:36 ID:t4eeDfua0

クー子「……ハッ、少年が少女になった……ということは、少年はニャル子と結婚できない」

真尋「元よりするつもりはねえよ!」

クー子「……可哀そうな少年…いいよ、私と結婚しよ。…心も体も、私が満たしてあげる」

ニャル子「こんの万年発情期が! 女になっても真尋さんは私のお婿さんなんですからね!」

頼子「朝から騒がしいわね。どうしたの?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:18:40 ID:t4eeDfua0

頼子「あら?この子は誰なの?」

頼子「ヒロくんったら、また新しい女の子連れてきて…」

真尋「母さん、僕を節操なしみたいに言わないでくれ…」

頼子「えっ、母さん?ということは……」

ニャル子「そう、どういうことか真尋さんは、朝起きたら突然女の子になってしまっていたのですよ」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:35:38 ID:t4eeDfua0

真尋「全く、こんなことになるなんて……こういうトラブルが起きないようにするのがお前ら惑星保護機構の仕事じゃないのかよ」

ニャル子「うう……でも敵が夜の間に攻めてくるとは思わなかったので…」

真尋「いや、昼夜構わず犯罪は起こるだろ」

ニャル子「………そもそも真尋さんが悪いんですよ。昨晩、夜の間に敵が来たら困るので、お守りしますーって言ったじゃないですか」

ニャル子「それなのに真尋さん、部屋に入ろうとした私を幾戦ものフォークを投げて追い返したじゃないですか」

真尋「ぐ…確かにそうだが、お前の場合は守る以外の目的もあっただろ!」

ニャル子「はてさて?守る以外の目的? 一体なんのことでしょーねー?」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:43:07 ID:t4eeDfua0

真尋「…そ、そりゃ………」

ニャル子「どうしました?真尋さん。その口で、私が昨日何をしようとしたのか、はっきり言ってもらいましょうか?」

真尋「ッ!い、言える訳…」

ニャル子「さあ!ハリー!ハリー!ハリー!」

真尋「……うるさい!」グサ

ギャー!サシマシタネ! ウルサイウルサイウルサイ!

クー子「ニャル子に責められて赤面してる少年」ジュンッ

ハス太「ふわぁ、あんな可愛い真尋くん初めて見た」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 00:59:32 ID:t4eeDfua0

ニャル子「という訳で外出しましょう真尋さん!」

真尋「は?」

ニャル子「だから外sy…」

真尋「お前は何を言っているんだ」

ニャル子「だって約束したじゃないですか、今週の日曜日、一緒にショッピングに行くって…」

真尋「あんなの誘導尋問だろ!」

ハス太「えっ! 真尋くん、ニャル子ちゃんと一緒にお買い物いくの?」

クー子「……少年、私を差し置いて抜け駆けなんて卑怯。……ショッピング…一緒に………付いていけたら…許してもいいよ」モジモジ


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 01:01:55 ID:t4eeDfua0

ハス太「ずるーい! 僕もいくー!」

真尋「何故行くことが前提で話が進んでるんだ?馬鹿なのか?死ぬのか?」

ニャル子「多数決で決まりです! 真尋さん!無限の彼方へレッツゴーですよ!」

真尋「まっ!待て! 放せぇ! 行くとしてもお前らだけで行けばいいだろ!」

ニャル子(こんな可愛い真尋さんを世間に見せないなんて勿体な…ゲフンゲフン)

ニャル子「真尋さんと一緒じゃないと意味ないでしょうが!」

真尋「えっ…」ドキ



クー子「そして…そのままホテルに寄って………少年の…初めてを…」ブフー


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 01:17:48 ID:t4eeDfua0

ニャル子「じゃーん!どうですか真尋さん!」

真尋「どうですかじゃねえよ!!! なんなんだこの状況は!!!」

ニャル子「真尋さん! あまり大声出すとお店の人に怒られちゃいますよ!」

ニャル子「試着室までホイホイついて来ちゃう真尋さんが悪いんですよ!」

ニャル子「私はノンケだって構わずコーディネートしてしまう這い寄る混沌なんですよ!」

真尋「ごめん。何言ってるか全然分からない」

ハス太「ふわぁ……」

クー子「……少年…きれい」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 01:23:56 ID:t4eeDfua0

真尋「な…なんだよお前ら…」

クー子「少年マジプリティー」

ハス太「べっぴんさんだよ!まひろくん!」

真尋「そ、そんな囃し立てる程じゃ…」

ニャル子「いえいえ、真尋さんは今誰が見ても可愛い女の子ですよ?」

真尋「ッ! 可愛いって……僕は男だぞ…」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 01:26:57 ID:XJwcGgf10

マヒロ君は男でも可愛いよ


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 01:33:56 ID:t4eeDfua0

ニャル子「でも今は女の子ですよね?」

真尋「う……」

ニャル子「それに、元男だからいいんじゃないですか…」ニヤリ

真尋「?」

ニャル子「あ、いえ、誰かの心の電波をキャッチしたもので…」

真尋「フフッ、なんだよそれ」

ニャル子、クー子、ハス太(ズギュー────z_ン!!!)

ハス太(…か)

クー子(わ)

ニャル子(いいだと… バカなっ!真尋さんの乙女力が10万……20万……もっと上がるだと……!?)


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 01:38:58 ID:t4eeDfua0

真尋「どうしたんだ?みんな」

ニャル子「その姿になって、初めて笑ってくれましたね……」

クー子「少年、今すぐセックスしよう。初体験は試着室でしたって後世n…」フォークグサ

ハス太「まひろくん、笑ったとき、すごくかわいかった!」

ニャル子「女神や! 女神がおる!」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 01:51:40 ID:t4eeDfua0

─買い物後─

真尋「……で、なんで買っちゃったんだよ」

ニャル子「そりゃもう、真尋さんにあまりにも似合ってたものですから」

ハス太「きっとその服も、まひろくんに着られるために生まれてきたんだよっ!」

クー子「……少年……少年」ハァハァ

真尋「着るって言っても一日限りだぞ。勿体無くないか?」

ハス太「時にはしょうどうに身をまかせるのもだいじなんだよっ!」

ニャル子「大丈夫ですよ。真尋さんの着た服は後で私がリユースしますから。ぐへへ」

真尋「うん、分かった。洗ってから渡すな」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 02:07:28 ID:t4eeDfua0

真尋「──ッ!」

ニャル子「どうしました?」

真尋「………トイレ」

ニャル子「そりゃあ大変です! 近くに公園があります!あそこで用を足しましょう!」

真尋「…いや、いい。家まで我慢でき…」

ニャル子「いけません真尋さん!あなたには今、おちん○んがないんです!いつものように耐えられると思ったら、すぐタイムオーバーが来ますよ!」

ハス太「どういうことなの?」

クー子「……ハス太、ハス太はおしっこ止めたいと思ったとき、急に止められる?」

クー子「私たち女の子はそれができない。何故なら女性は男性より尿道が短いから」

クー子「そしてその尿道が何で伸びてるかっていうと…」

真尋「あーー!!!もう!!分かった!分かったから!」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 02:09:01 ID:t4eeDfua0

ニャル子「真尋さん! 女の体で初めてのおしっこなので私が一緒に…」

真尋「いい! お前たちはそこで待ってろ!」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 02:14:00 ID:t4eeDfua0

真尋「………」チョロロロロ……

真尋「…本当になくなってる…」

真尋「………」フキフキ

真尋「………ッ!」サワッ

真尋「…………」

真尋「いや、何を考えてるんだ僕はっ!」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 02:18:06 ID:t4eeDfua0

真尋「はぁ…」ガチャッ

男「あれ?」

真尋「!?」

男「君、女だよね?なんでこっちに居るの?」

真尋(や、ヤバイ。ついいつもの感じで男子トイレに入ってしまった)


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 02:24:31 ID:t4eeDfua0

男「う~ん…。参ったなあ……男が女子トイレに入るのは犯罪だけど、この場合は…」

男「一応通報かな?」ピッピッピ

真尋「ままま待ってください!」

真尋(不味い。最悪の事態だ。)

真尋(どう説明すればいい? 正直に話すか?)

真尋(いやいやいや、信じられるわけないだろ)

男「」ピロリン

真尋「!!」

男「証拠写真ゲッチューwww」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 02:29:51 ID:t4eeDfua0

真尋「じ、実は僕男で…」

男「ふぅ~ん。女装男子だったのか……じゃあその胸のふくらみは何かな?」

真尋「こっ…これは…」

男「よおし、じゃあ確認しよう」

男「おっぱいうp」

真尋「く、くそう…」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 02:37:51 ID:t4eeDfua0

真尋(助けを呼ぶか?いや、この状況じゃ悪いのは確実に僕になる)

真尋(全力で走って逃げるには男が出入り口を塞いでしまっている)

真尋(どうすれば……)

男「どうした?うpしないのか?」

男「ならこちらからゆくぞ!」

真尋「ひっ」

男「こ、これは……今までに無い感触ッ…!」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 02:47:45 ID:t4eeDfua0

男「大きすぎもしない小さすぎもしない……ッ!」モミモミ

男「掌に納まるサイズ……俗に言う…普乳ッ!」モミモミ

真尋「やめろ!やめろ!変態!」

男「はふぅ~、可愛い女の子に罵られるとなんとも興奮しますなあ」

男「しかしいいのかな?声を出すと人が来ちゃううかもよ?」

真尋「くっ…」

男「もう我慢ならんな!挿入れる!」ギンギン

真尋「嘘だろ……やめろ! やめろおおおおおおおお!!!!!」


ニャル子達は助けに来る?来ない?  >>105


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 02:48:25 ID:XJwcGgf10

こない


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 02:57:39 ID:t4eeDfua0

男「ふんぬっ!」ギチギチギチブチッ

真尋「痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い」

男「神様!やったよ! 俺!童貞卒業!」ヌッヌッヌッヌッ

真尋「抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて抜いて」

男「おおwww泣き出してしまったwそそるwww」

男「ダイチョーブww俺が長年鍛え上げた(エロ漫画での)テクを見よ!」パンパン

真尋「ニャル子ぉ……だずげでニャル子ぉ……」パンパン

男「おっふぉwwww出るwwww」デピュ


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 03:00:22 ID:Jx/2Dft40

この展開は必要無かった


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 03:01:04 ID:1bViliuJ0

唐突にわけわからない展開になって困惑


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 03:04:56 ID:t4eeDfua0

…一方その頃邪神'sは…


クー子「……ニャル子、少年、遅い」

ニャル子「きっと女の子の身体にどうしていいか分からず、アタフタしてるんですよ」カチカチカチ

ハス太「でも、さすがにおそすぎるよっ!」

クー子「……私、様子見てくる」

ハス太「ぼくもっ!」

ニャル子「しゃーないですね。二人が行くなら、私も維持を張るのを止めざるをえませんね」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 03:11:53 ID:t4eeDfua0

ニャル子「…………な…」

ハス太「これは…」

クー子「……少年」

真尋「」

ハス太「……きをうしなってるだけみたい」

ハス太「…だいじょーぶだよ、まひろくんは…」

ニャル子「大丈夫じゃない」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 03:16:56 ID:t4eeDfua0

ニャル子「私のせいなんです」

ニャル子「…私が、あんなつまらない意地張らないで…」

クー子「……ニャル子、これはあなただけのせいじゃ「いいえ」

ニャル子「私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ」

ニャル子「私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ」

ニャル子「私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ」

ニャル子「私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ」

ニャル子「私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ私のせいだ」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 03:25:04 ID:t4eeDfua0

その後、ニャル子達は僕の前から消えてしまった
性転換アイテムも、破瓜すると効果がなくなってしまうらしい
一応、ニャル子達が情報操作してくれたからか、僕は女という設定で通ってる
もうとっくに処女膜なんてないから、クラスの男子をヤリまくってる
そうでもしないと、ニャル子が居なくなった寂しさに、心が潰されてしまいそうだから


鬱エンド


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 03:33:20 ID:t4eeDfua0

なんか途中までいい雰囲気だったのにぶち壊しちゃって申し訳ないです
実は安価とった辺りからどうしていいか分かってなかったんで


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 04:06:13 ID:XJwcGgf10

なんかすまんかった


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/15 07:51:36 ID:REZJ6+sx0

(フォークでちんこ突き刺して逃げればよかったんだ)


引用元: 真尋「起きたら女になってた…」

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/10/26 04:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)